Studio Stick

stickstick.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 31日

外観・その後

今から遡ること約3ヶ月前、住居の天井を破壊していた際
屋根の裏側に3cmほどのキノコさん3名を発見しておりました。
原因は、スレート瓦の劣化による破損?後行方不明になっている箇所からの
雨水の侵入でした。(少し離れた所から見た我家の屋根は10円はげの状態)

梅雨も来るし、中をどんなに頑張って改装しても、
屋根が崩壊したらどうしようもない!という尤もな助言(文夫さん)により、
急遽屋根の重ね葺きの工事をすることになりました。

我家は隣家との距離がないため、梯子による工事が出来ず足場を組むことに。

早朝から、みるみるうちに足場が出来上がり、
翌早朝から、屋根の業者さんによる工事が始まりました。

出来上がった足場を見ると、当初聞いていたよりもはるかに広範囲に渡る立派な足場だったため、
屋根をきれいにするついでに(足場に便乗して)壁を自分たちで塗っちまおう!ということに。

そんなこんなで、みるみるうちに生まれ変わってゆく我家の外壁をご覧ください。

1. 足場が組まれているところ。(正面付近から見上げる)
b0170419_21582013.jpg


2. 屋根工事に必要な足場はここまでの様子。(東側)
外壁の塗装をするために、まずは高圧洗浄できれいにし、その後シーラーを塗る。
(ここからの外壁協力:文夫さん・和恵さん)
b0170419_21595269.jpg


3. 西側を塗り始めたところ。そう、真っ黒になるんです!
なぜって、塗ったのが一番分かりやすいからなんだなー・・・
b0170419_2245388.jpg


4. アップ西側。黒光り。(是非巻き舌で発音してください)
b0170419_226840.jpg


5. 玄関東側。・・・誰かかっこいい玄関ドアをください。
(塗装協力:脚立いらずのプロダクトデザイナーのたいちゃん)
※ジャンプでやっと届く場所に、フツーに手が届くキリンさん
b0170419_2211376.jpg


6. 東側壁面の足場を増設することに。
b0170419_221379.jpg


7. 正面(南側)も「黒光り」!
b0170419_22141231.jpg


8. ど正面です。ものすごい大変な思いをして、ビューティーサロン看板の骨組みを外しました。
右下に見えるのがその残骸です。
b0170419_22162619.jpg


9. おまけ ―引っ越し当初からある我家の謎―
建物の東側(地面)に、「特別展示室」と彫られた御影石の石板があるんです。
ただ、付近にそれらしき部屋はまだ見つけられておりません。
地下室へ通じるボタンのようなものも、未確認です。
見つけられる日は来るのでしょうか? はてさてふふん
b0170419_22222259.jpg


つづく
[PR]

by studio-stick | 2009-05-31 22:25 | 外観
2009年 05月 27日

1階・スタジオ大改装 ―25%―

きれいにした基礎に、ブロックを敷き詰めます。
土間にするために、基礎と大引の高さまで底上げをしなくてはいけません。

現在、約半分まできました。
ここまでで使ったブロックの数は、約360個!
ここがコンクリート打ちっぱなしの床になる日を夢見て。。。

1. 奥の和室にブロックを敷き詰めたところ。
ブロックは3段重ねで、石材用の接着剤(超強力!)で接着してみました。
b0170419_23585449.jpg


2. 引き続き奥の和室、元押入&クローゼット部分にも同様に。
写真に写っている缶が石材用の接着剤です。こっちが主剤で、かわいらしいピンクちゃん。
ちなみに今回は写っていませんが、硬化剤の方はミントちゃん色でございます。
b0170419_022246.jpg


3. できるだけ隙間なく敷き詰めます。
・・・が、やむを得ず出来てしまった隙間には、木材を打ち込んで対処します。
b0170419_0543.jpg


4. 台所の大引だけ他の部屋よりも約5cm高く、ものすごく邪魔。。
・・・というわけで、オペ開始。(オペ相談役:まっちゃん)
一度すべて取り外し、木材のはめ込み部分(オス&メス)を新たに作り(!)、
5cm下げた状態で再度設置しなおします。
思った以上の大手術になってしまいましたが、手術は無事成功です。
b0170419_091430.jpg


5. 元々の基礎の角材の劣化が激しく、外してみたところかなり脆い。。
ので、思い切って新しいもの(大引下の黒い柱みたいなやつ)に変更します。
ちなみに写真中央の管は、おそらく台所用のお湯の配管です。
b0170419_013717.jpg


6. 和室から元お花畑を見る。(壁紙を徐々に剥がしています)
仮設置しているブロックと、それに挟まれたオペ後の大引。
b0170419_0161717.jpg


まだまだつづく・・・
[PR]

by studio-stick | 2009-05-27 00:18 | 1階スタジオ・大改装1
2009年 05月 21日

1階・スタジオ大改装 ―破壊―

ここからは、ごくごくフツーの家庭のダイニングキッチンと和室を
土間にするという、更に職業フメーなプロジェクトをご報告します。

スタジオ完成までの、長い道のりの始まりです。
なんとか本格的な夏の到来前に、ミッションを終了したい(切実)。。

自主的で、寛大で、あたたかい、心の友(助っ人)を募集しております。


1. 一番奥(北側)の和室です。
床を剥がし、押入、クローゼットを破壊したところ。
b0170419_21371572.jpg


2. 元押入、クローゼット部分を違う角度から。
b0170419_21402056.jpg


3. 床を抜いた和室の基礎むき出しの状態。根太(ねだ)も取っています。
根太の斜めにささった釘がなかなか抜けず、ミッションは前途多難。
b0170419_21431425.jpg


4. ダイニングキッチン(またの名をお花畑)から和室を見る。
フローリングを剥がし始めました。
b0170419_21452316.jpg


5. 別角度から。(これ、ボンドの痕なんですが、なんかちょっとかっこいいね)
b0170419_2147094.jpg


6. 和室の基礎を掃除(「埃臭い」のではなく「臭い埃」の匂いが充満)をし、
お花畑の床(コンパネ)を剥がす。
※コンパネ1枚につき、約80本の釘。1枚剥がすのに約2時間。。。
また、奥に見える壁(納戸との境界)を片側破壊する。
b0170419_21511616.jpg


7. きれいにした基礎を、きれいな自然光でご覧ください。
b0170419_21521440.jpg


8. 柱と大引のみ残された和室。案外居心地がよかったりして。
基礎ってきれいですね。
b0170419_21533974.jpg


9. お花畑から和室方向を向いた様子。
左側に見える、床下に挟まっている真茶色の物体は、劣化しまくりの断熱材。
枯葉のように脆く、触ると粉々に。。。
b0170419_21571166.jpg


つづく
[PR]

by studio-stick | 2009-05-21 22:00 | 1階スタジオ・大改装 ―破壊―
2009年 05月 18日

1階 ギャラリー・スタジオ予定スペース大改装前

ついに1階を着手し始めました。
まずは、改装前の様子をご覧ください。

1. 元サロン(!)スペースです。アンティーク調証明器具満載!(欲しい方あげます!)
・・・えっとですね、とりあえず改装で出たゴミ類は一度ここに集結されております。
壁や廃材・朽ちた断熱材等は一度処分したものの、なかなか処分できずにいた
畳21枚、襖類24枚がまだある状態の時に撮影。
b0170419_1191368.jpg


2. 2階に作った台所の水・湯・排水を、元サロン(!)の洗髪台から引っ張りました。
手前にあるキッタナイやつが、業者さんが外してくれたそれです。
b0170419_1224477.jpg


3. 玄関スペースです。
ここもまた、現在物置状態。玄関ドアのかっこいいやつ、誰かください。。。
b0170419_1244843.jpg


4. 玄関から右を見たところ。
手前から、四畳半の暗い納戸(現在小笠原の作品置き場)、暗いダイニングキッチン。
奥がお風呂場です。
b0170419_1292655.jpg


5. 納戸です。左側の壁は抜く予定。
b0170419_1303128.jpg


6. 既に道具や雑巾の洗い場と化した元ダイニングキッチンスペース。
※360°花柄〜。パノラマお花畑です
b0170419_1334541.jpg


7. お花の汚れ防止?のビニールシート。
※このビニールシート、一度は両面テープで貼ろうとしたようです。
剥離紙の存在をご存知なかったのか、未だに剥離紙がついた状態。
どうもシートは壁にくっつかないので、セロハンテープで貼られた模様。
b0170419_1374335.jpg


8. お花畑の向こうに見えるのは、6畳の暗く湿った和室(畳外し済)。
b0170419_1392445.jpg


9. 和室から見たお花畑。
b0170419_140439.jpg


10. 和室の押入と衣紋かけ。(押入のベニヤ、腐っています)
b0170419_1412441.jpg


11. おまけ ―お花畑上部にある謎―
これ、お店にお客さんが来たときに「ピロリローン♪」と知らせてくれる機械
商品名は「ハイハイ店番」。ものっすごい油まみれです。ラーメン屋かっ
b0170419_1454020.jpg

[PR]

by studio-stick | 2009-05-18 01:48 | 1階・大改装前
2009年 05月 18日

外観・初公開

多数ご要望をいただいておりました
Studio Stick 外観を公開します。

1. 元ビューティーサロン(!)です。
b0170419_0595464.jpg


2. サロン(!)の入口
b0170419_104610.jpg


3. 最近やっと看板?をおろしました。さよならサロン。
※テントの材質は劣化が激しく、紙?みたいな状態
(テントの裏には蜂の巣があり、20年以上にわたる埃がたまりまくり)
b0170419_133427.jpg


4. おまけ ―念願のゴミ捨て―
サロン(!)の洗髪台と家中の畳21枚(処分金が本当に高額!)を
4日に分けて市に回収してもらい、じーんとする。
b0170419_171021.jpg

[PR]

by studio-stick | 2009-05-18 01:07 | 外観
2009年 05月 10日

イベント第1弾:ヨシミコシ蕎麦がやってきた

かねてから、ガラス作家の谷口嘉さん/またの名をヨシミコシさん(素敵な作品は後日ご紹介します)に
蕎麦を打ってもらいたいと思い続けて約1年。
このたび新居に遊びに来てくれることになり、ついに実現しました!

出来上がるまでの模様をお楽しみください。

1. 蕎麦を打つための台を用意します。
b0170419_2238334.jpg


2. 思った以上にコンパネのササクレが気になり、農業用のビニールシートでカバーすることに。
※奥の二人は仲良く温泉に入っているみたい??
b0170419_2239373.jpg


3. こんな作業に男3人がかり・・・
b0170419_22403449.jpg


4. 作業台の完成です! 手前にある3本の棒は、全て蕎麦打ちに使うもの。長っ!
b0170419_22425535.jpg


5. いよいよ始まります。
b0170419_22433192.jpg


6. 粉に水を少しずつ加えながら混ぜていきます。手の動きがポイント!
b0170419_22452323.jpg


7. ムービーでご覧ください。
よしみこしそば

8. 迷アシスタントの浅沼千安紀さん(ガラス作家)。素敵な作品は後日ご紹介します。
b0170419_23504266.jpg


9. 生地がまとまってきました。これから練っていきます。
b0170419_23514770.jpg


10. 丁寧な「菊練り」に見とれます。
中央は金属作家の田中幹さん(かっこいい作品は後日ご紹介します)
b0170419_23544840.jpg


11. 結構長い間練らないといけないようです。・・・とここで
浅沼さん「あのー、質問してもいいですかー?」
谷口さん「ダメです」
うーん、とても忙しそう。集中しています。
b0170419_23581830.jpg


12. 練る作業が終わったようです。
生地を少々寝かせた後、生地をのばしていきます。
b0170419_23591194.jpg


13. 素早い手の動きです。
b0170419_001612.jpg


14. 棒でのばし始めました。
浅沼さん「はーい、質問してもいいですかー?」
谷口さん「ダメです」
・・・まだダメなようです。
b0170419_005999.jpg


15. のばして四角くした生地に打ち粉をふって、折り畳んでいきます。
b0170419_023539.jpg


16. 切る行程に入りました!
※生地を押さえている板は手作りだそうです
b0170419_035556.jpg


17. 蕎麦っぽーい!
※蕎麦用の包丁がないので、我家のもので代用・・実に切りにくそう。。
b0170419_052649.jpg


18. もうおいしそう。
b0170419_061648.jpg


19. さぁ、茹でましょう!(でも一度に沢山は茹でられない)
浅沼さん「質問なんですけどー」
谷口さん「・・なんですか?」(あまりのしつこさに仕方なく?)
浅沼さん「今日のTシャツは蕎麦を打つから蕎麦の色なんですかー?」
谷口さん「・・・。違います」(でも一瞬ハッとする)
そーいえばそうですね。 ・・っていうか、そんな質問だったんですか!(笑)
b0170419_0101527.jpg


20. いただきまーす!
※つゆも谷口さんの手作りですよ!
b0170419_010561.jpg


21. おいしいね。うんうん。いい匂いだね。うんうん。
そういえば谷口さん、頭に巻いてる布も蕎麦色ですね!
b0170419_0125739.jpg


22. ごちそうさまでしたー!
b0170419_0141633.jpg


この後、夕方にもう一度打ってくれて皆大満足の1日となりました。
結局、お昼から始まって約10時間ずっと飲み食いをし続け、
のんびり贅沢な休日でした。
また是非遊びに来ていただきたいと思います。
ありがとうございました!
[PR]

by studio-stick | 2009-05-10 00:33 | イベント
2009年 05月 04日

2階・大改装4 ―98%―

何やら間があいてしまいました。。

住居部分はついに98%くらいまできました。
裸足で歩ける床があり、気軽にいけるトイレがあり、
キッチンにはガスコンロと水の出るシンク。
当たり前のことですが、改装や工事が済む度にいちいち感動の連続です。

前回の状態から今日までのダイジェストです。
100%まであともう少し!

1. あっ、鳥でしょうか。
b0170419_0495654.jpg


2. あっ、やっぱり鳥ですね。(提供:玉ちゃん&星くん)
b0170419_0513375.jpg


3. 台所が出来てきました。でもまだガス・水道は来ていません。
※レンジフードについて
窓から体を乗り出し、グラインダーで外壁から穴を開けて貫通。
木枠を作り換気扇をはめる。室内室外ともにフードをつけて、隙間をシーリング。
意外にたいへん、、(破壊相談役:まっちゃん)
※壁について
タイルを貼り、それ以外のところをペンキで塗装。
夜から作業を始めたため終了は朝方に、、
b0170419_123645.jpg


4. ついにガスが来ました!(初・本物の業者さんによる工事/4月30日)
それまでのカセットコンロ生活との別れの日です。
ありがとう、カセットコンロ。また鍋の日に会いましょう。
※ガスの工事について
外にある給湯器から配管。室内の壁や天井は既にほとんど無いため、むき出しの配管です。
おかげで工事が簡単に!安くあがりました。ちなみに工事は数時間で終了。
業者さんってすごいですね。すばらしいチームワークっぷりでした。
b0170419_172966.jpg


5. お酒カウンターができました。
知人から格安で譲ってもらった1枚板と、この家の破壊時に出た廃材を使用。
ちなみに、スモーカーにはこの上にある換気扇の下でお願いしております。
(ウクレレ、ギロ:TAU工芸学科研究室の皆様より)
b0170419_112199.jpg


6. 引くとこんな感じ。
(壁面の作品:小笠原森によるドローイング)
b0170419_1264940.jpg


7. 居間にテーブル用の板を搬入! あまりの重さに瀕死の女1名。。
また、ぐるぐるに続き念願の吊り下げ式スピーカーを設置! 男1名感無量。
見えづらいです(ていうか、ほとんど見えません)が、テーブル奥の大皿には
バラ・カーネーションなど鮮やかなお花が浮んでいます。神田さん、ありがとうございました!
(右手の子供椅子:小笠原森による木工作品)
b0170419_119343.jpg


8. 居間にカフェスペース?を考えております。
以前は押し入れだったところです。左側の変な木目調の柱はかつての床の間のなごり。
どーにかしたい1本です。右上の配管が、今回工事してもらったガス管です。
(壁面の作品:森重裕子によるシルクスクリーン作品)
b0170419_1241345.jpg


9. ついに水道が来ました!(本物の業者さんによる工事2/5月1日)
使った食器が、カップが、すぐに洗えるのです。料理ができてしまいます。
水、ばんざい!
※水道の工事について
1階店舗(元美容院)部分に洗髪台があり、そこから配管を施してもらう。
おかげで安くあがることができました。
設備屋さんの親方さんは、とても気さくな方で、建物の色々なことや
近所の美味しいチャンポンと、遠くのチャーハンを教えてくれました。
もう一人のお兄さんは、お風呂場の壊れた水道まで治してくれて、
さすがのプロ仕事でした。すごいね、感謝!
b0170419_1432711.jpg


10. 食器棚を作ってみました。
むき出しの柱にホームセンターで購入したパーツや木材を組み合わせ見せる食器棚に。
焼き物は小笠原によるものと数人の作家さんの食器で、
ガラスも知り合いの作家さんの作品が多数あります。
(傾いているのは撮影者の体です。柱ではありません)
b0170419_1495980.jpg


11. 居間から台所を見る。(傾いた撮影者が)
b0170419_1515261.jpg


12. 階段の壁に(後回しにしていた)珪藻土を塗りました。
(壁面の作品:シミズダニヤスノブ氏によるシルクスクリーン作品)
b0170419_154764.jpg


13. 変えるといっていた小さな洗面台ですが、使っているうちに愛着が。
鏡がついて、タオル掛けもついて、今はもう立派な小さすぎる洗面台です。
(タオル:森重裕子デザインによる gauze+pile towel「海日和シリーズ・10時」)
b0170419_1585813.jpg


14. 2階スタジオ部分、ついにほぼ完成です。
奥の作業台にはミシンが来る予定です。(押し入れの改造。下は本棚に)
手前の作業台はPCスペースに。
ちなみに、台の下の引き出しはフツーの事務机のそれだったものを、
塗料を薬品で剥がして取手などのパーツを取り外したものです。
このすごい剥離剤、塗料に塗ると「揚げ物」を揚げる音を発しながら
メリメリと剥がれてきて、ちょっとぞわっとします。
b0170419_283283.jpg


15. 違う角度から。
奥の大きな白壁は、作品撮影用や、作品を離れて見るために使用予定です。
b0170419_2102595.jpg

[PR]

by studio-stick | 2009-05-04 02:19 | 2階住居・大改装4 ―98%―