Studio Stick

stickstick.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 27日

1階・スタジオ大改装 ―70%―

じめじめムシムシ・・・いやですね。
夏にしたいことを妄想しながら(海とかキャンプとか花火とかバーベキューとか宴とか・・)、
連休のない6月を頑張って乗り切りましょう。

さて、1階スタジオの床はいよいよクライマックスを迎えております。
きれいに敷き詰めたあのブロックの上が、土間になる瞬間を、あなたは目撃します。
フツーの民家の1階の床がコンクリートになるという、
違和感たっぷり、ユーモアたっぷり、汗たっぷりの無茶苦茶プロジェクト。
果たしてうまくいったのでしょうか?
(コンクリート作業協力:文夫さん、和恵さん、たいちゃん)

1. さてここで問題です。これは何でしょうか?
・・・とかいいつつ早速答えますが、これは鉄筋でございます。きれいだね。
b0170419_23213743.jpg


2. 先日お伝えした配管部分です。せっかく作った溝がコンクリートに埋まってしまわないように、、、考えたのがこれ。
スタイロを切り刻んで、シリコンでくっつけていきます。
コンクリートを打った後、スタイロをぶち壊してしまえばいいという頭の良い?作戦です。
b0170419_23245940.jpg


3. というわけで恐る恐るスタートしたコンクリート打ち作業。
1回の練り作業に必要な材料は、セメント25kg・砂60kg・砂利80kg・水約14ℓです。
この合計165kgを使って出来るコンクリートが約0.07リューベ。(1m×1m×7cm)
①まずは先日紹介した専用のバケツにセメントと水を混ぜ、徐々に砂を足しながら、
手持ちの撹拌機(大きなドリルに船のスクリューがついたようなもの)で混ぜていきます。(ものすごい力で下に引っ張られる!)
②それを巨大なタライにあけ、今度はスコップと角材で更に砂利と混ぜ合わせます。
③十分粘り気が出てきたら、目的地に流し込みます。
約3cmほど流し込んだところで鉄筋を置き、上から棒で突いたりしながら、
コンクリートが隅々まで行き渡るようにします。その後残りの約3cmを流し込みます。
④小一時間後、表面の水が引いたところでコテなどで均して完成です。
⑤約1日もすると上を歩けるようになり、一週間ほどで最終強度に達します。(平方cmあたり100kgの耐荷重量!)

画像は、この作業を4回繰り返して出来たところ。汗の量が尋常じゃない。服を着たままお風呂に入った人のよう。
b0170419_23443064.jpg


4. 近くに寄ってみましょう。きれいに均された表面をご覧ください。
b0170419_23455859.jpg


5. 作戦通り、スタイロもきれいに埋まりました。
b0170419_23473785.jpg


6. 元台所の水場から見たところ。
b0170419_2349471.jpg


7. 2日目、以前外壁塗装を手伝ってくれたプロダクトデザイナーのたいちゃんが駆けつけてくれました。
このサインは、現在我家の土間に埋まっています。彼が有名になったら、我家は観光地と化すでしょう。見えないけど(笑)
b0170419_2353392.jpg


8. 一連の作業を繰り返すこと13回半。。。たっぷり3日間かけて打ち終わりました。
左側の色が薄い方は、前日打ったところなので歩くことができます。
手形が埋まっているのは、画面のちょうど中心あたりです。
b0170419_23592110.jpg


9. 元押入側から見た土間。打ったコンクリートから覗いている木材が大引きです。
この木材まで流し込むことにより、フラットを出しました。
b0170419_033942.jpg


10. 元お花畑(もはや懐かしい・・)から見た土間。
b0170419_044368.jpg


11. 天井や照明など、いくつかの作業は残っているものの、いよいよスタジオっぽくなってきた!?
b0170419_075862.jpg

[PR]

by studio-stick | 2009-06-27 00:12 | 1階スタジオ・大改装2
2009年 06月 17日

1階・スタジオ大改装 ―50%―

外壁を真っ黒に塗装しつつ、少しずつ手を入れていた1階スタジオの改装に戻ります。

カラーレスの世界。
主な登場人?物は、家主・ブロック・木材・パイプです。
孤独で地道で埃まみれの、汗と涙のドキュメントです。

引き続き、あたたかいご支援を募っております。
心の友よ〜

1. 前回からの続きで、元お花畑の地面にブロックを敷き詰めたところ。
やっとのことで予定していた場所全てに敷き終わり、各隙間を木材や石材用ボンドで埋めました。
ブロック総数は500個以上に及びます。
我家の愛車・フィアットパンダをこき使い、ホームセンター←→家を何往復したことか・・・
b0170419_23144883.jpg


2. 床下にビロンと横たわっていた温水の配管を、いつか訪れるかもしれない修理のため
ブロックの下には埋めず、U字溝でドブを作りました。
画像には写っていませんが、ガスの配管も同様に処理しました。
b0170419_23184752.jpg


3. 前回ぶち抜いた、納戸と元お花畑の壁。
破壊相談役のまっちゃんより、この壁の構造には手を出すなとの指令があったため、
本当は全部ぶち抜きたかったけどあきらめ、柱と筋交いを避けて隙間をぬい、
なんとか小窓?2つを開けた壁になりました。
※1階スタジオの壁は、2階天井で使用した木材を打ち付けることに決定
b0170419_23224650.jpg


4. 納戸から見た元お花畑。
手前はコンクリート練り用に買ってきた、でかくて丈夫なバケツです。
ついでに、小窓左の奥に見える緑の四角いのもコンクリ用。(我家の風呂桶よりデカい!)
あと、よーく目を凝らすと見えてくる、斜めに打たれたネジは筋交いの位置でございます。
b0170419_23261049.jpg


5. 元お花畑の壁。ハイハイ店番(ぶら下がってるやつ)があった方です。
b0170419_23295183.jpg


6. 元和室から見た様子。ログハウスみたいだね
b0170419_23305158.jpg


7. 引き続き元和室の、元押入方面から東側を見る。天井はまだ和室仕様のまま。
b0170419_23324211.jpg


8. 逆に、東側から元押入・クローゼット側を見てみる。
b0170419_23342395.jpg


9. しつこくまた元和室北の隅から、スタジオの奥行きを見ようとする。
床にはもうすぐコンクリートが打たれる予定。
※現時点での木材使用数は約400本くらいで、ネジは2000本くらい打ち込みました。
・・・修行?
b0170419_23391628.jpg

[PR]

by studio-stick | 2009-06-17 23:46 | 1階スタジオ・大改装1
2009年 06月 10日

外観・その後の後

今日、関東甲信越も梅雨に入ったそうですね。
タイミングぴったし、という感じで外壁塗装などが無事終了しました。

黒く、真っ黒く生まれ変わっていく様子を、引き続きご覧ください。

1. やっとのことで塗装が終わりました。
そうすると気になるのが、きったない2階ベランダの柵。。。これ取っちまおうぜ。
ということで、グラインダーで2階から階下へ火花をまき散らす家主。
新しい柵は、素敵なウッドに決定。
外壁にドリルで穴を開け、中空スレート用のアンカーを打ち込み、柵の基礎を作りました。
b0170419_22385467.jpg


2. ななめヨコ(東側)から見たところ。前回塗装がまだだった上の方まで真っ黒〜
b0170419_22403787.jpg


3. 2日がかりで完成したニュー柵です。12.5cm間隔で取り付けられたウッディーな柵。
b0170419_22424898.jpg


4. そういえば、ベランダについてまだ触れていませんでしたね。
我家のそれは約3畳半程度の広さがあり、洗濯物を干してもまだ椅子を置いてビールを飲めます。
画像はベランダから見た柵。そうそう、床もウッドデッキ風?にしてみました。
b0170419_22475777.jpg


5. 斜めから柵を見ると向こう側が見えないので、人目を気にせずビールが飲めます。(騒がなければ)
b0170419_22502568.jpg


6. ウッドデッキ風・ベランダの床。約2m×3.5mくらいあります。
b0170419_2252665.jpg


7. そうそう、足場があるうちしか見ることのできない場所がありました。
この度修理され、新しくなった屋根です。素材は金属だそう(でもトタンじゃないんだって)。
ちなみに屋根も真っ黒。黒光り。
b0170419_22551510.jpg


8. 恐怖の足場の最上段からの景色! このパース! 実に細長い家です。
※だから名前は「Stick」なんだよ
b0170419_22573517.jpg


9. 木より高い(!)ところから自分ちって見たことあります?・・・か?
b0170419_22593415.jpg


10. 昨日(9日)夕方に足場が外れました!
b0170419_2321176.jpg


11. ななめヨコ(東側)から見たところ。
最近毎日「何のお店になるんですか?」と聞かれます。そろそろ告知しないとね。
b0170419_2344192.jpg


もちろん、つづく
[PR]

by studio-stick | 2009-06-10 23:07 | 外観