Studio Stick

stickstick.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 23日

金沢紀行vol.2

5月17日(月)
ホテルで遅めの朝食をとった後、荷物をかかえとりあえず駅に向かいます。
もうひとつの会場の作品撮影をしようと思っていたのですが、その日に限ってお休みということを昨日知らされ、空港に向かうバスの時間までの約2時間、ノープランです。
どう時間を潰したものか、、としばらくベンチに座りあれこれ考え、結局お散歩をすることにしました。
コインロッカーに荷物を突っ込み、カメラと財布だけを持って身軽になると急に観光客気分になってきます。我ながら単純だなぁ、と思いつつ、適当に(迷子にならないように駅の方向だけ意識しつつ)歩きます。地図すら持っていないので観光地を訪ねることも出来ません。本当に適当に歩いていただけなのですが、あまり知らない町というのは、ただ歩くだけでもなかなか面白いものです。
もっとも、歴史のある金沢という町だからということもあるとは思うのですが、あっという間に2時間経過です。
もう少し散歩していたかったなぁ、とか思いつつも、飛行機の時間は決まっており、帰らねばなりません。
駅に戻り、バスに乗り込み、空港から飛行機にのりこみ、電車に乗り、、、
あっという間に家についてしまいました。
飛行機の旅は本当に速いです。
そういえば、1週間ちょっとの間に4回も飛行機に乗ったのは初めてかもしれないです。
あっという間の美術館の展示でしたが、もうひとつの会場は、引き続き6月まで開催しております。
よろしくお願いします。


次回はまた6月の搬出のときに金沢紀行 vol.3をお送りしたいなとおもいます。
それではまた。

b0170419_14195663.jpg

展覧会の第1会場のリファーレビル 駅から歩いて数分です。
b0170419_14212675.jpg

リファーレの近くのビルのアートワーク。かなりでかいです
b0170419_14224893.jpg

散歩中に見つけた雑貨屋さん。残念ながら開店前、、、さかなですね
b0170419_14235414.jpg

不思議な建物です
b0170419_14242123.jpg

お店もかなり不思議です
b0170419_1425388.jpg

金沢駅はなんだかすごい
b0170419_14255645.jpg

この飛行機であっという間に東京です
[PR]

by studio-stick | 2010-05-23 14:26 | お出かけStick
2010年 05月 23日

金沢紀行vol.2

ついこの間、作品の搬入を終えて来たばかりなのですが、
美術館の展示期間が約1週間しかなく、はやくも終了です。
今回は21世紀美術館の作品撤去のため、小笠原一人1泊2日の短いスケジュールで
金沢に行って参りました。

5月16日(日)
目的地である金沢の21世紀美術館には夕方の17時くらいに到着すれば良いので、
この日はお昼くらいに家を出発しました。
14時半の小松空港行きの飛行機に乗る予定です。通常、羽田空港までは2時間弱、
まあ2時間以上あれば安心です。

ところがこんな日に限って、空港までの道程で数々の困難(?)が待ち受けておりました。
まず、最寄駅まで向かうバスが8分遅れ、、、予定していた電車に乗ることが出来ませんでした。
その後駅に着くと、電車が途中の駅で何かトラブルがあり点検をしたとかで、ダイヤが狂いまくりです。10分後の電車に乗るつもりがその電車が約20分遅れです。
何とか電車に乗り込むも、間に合うのかが不安になってきました。
急遽予定したルートを変更し、千代田線の明治神宮から原宿駅に向かい、そこから山手線に乗ることにしました。
なんとか原宿駅に到着したものの、今度は何と駅構内及び、改札付近にに人が混雑しすぎているためとかで、改札が封鎖されております、、、、こんなことあるんですね、初めての経験でした。
ものすごい人集りの中しばらく待つも、全く開く気配が無く、その間にも電車は次々に訪れ、走り去ってゆきます。「あぁ、もう間に合わないかな、、」と思い始めた頃、少し離れた別の改札は利用可能というアナウンスが流れてきました。
急いで人ごみを掻き分け(いや、人ごみに流され?)もうひとつの改札から駅に入り、何とか電車に乗り込み、やっとのことで浜松町に到着しました。
重たい荷物(パソコンや一眼レフカメラを持ってきた自分がいけないのですが)をかつぎ大急ぎでモノレール改札へ行き、電光掲示板を確認します。
今度は何とか問題なく走っているようです。しかも何とか間に合いそうです。
空港に到着後、急いでチケットを受け取り、搭乗口へ向かうと、すでに他の乗客が乗り込み始めています。

こんなにギリギリなのは初めてでした。
皆さんも気をつけてくださいね。空港には1時間は余裕を持って出かけようと心に決めた小笠原でした。

17時過ぎになんとか目的地の21世紀美術館に到着し、スタッフの方達に挨拶をした後、終了時刻まで1時間弱あるので、作品等を撮影することにしました。
学芸員の鷲田めるろさんに連れられ、学芸室に荷物を置かせてもらった後、(初めて入った学芸室もとても素敵な雰囲気でした)撮影を開始しました。
数カット撮影し、(資料として使える写真が撮れたのかは、この文章を書いている現在まだ確認しておりません)美術館内をふらふらしていると、いつの間にか終了時刻です。

展示室に戻ると早くも沢山の運送屋さんやスタッフの方が搬出準備に取りかかっております。小笠原も作品解体に必要な道具が届き次第作業開始です。
作品の解体は組み立てと違い、パーツを合わせたりネジの長さを選んだりの作業がなく、どんどんネジを外し、ヨッコラショ、ヨッコラショだけなので、1時間やそこらであっという間に解体終了です。
小笠原の作品にしてはパーツ数が30数パーツと少ないということもありますが、なかなかのスピードでした。(ちなみにもうひとつの会場は作品が2作品もあり、おそらく150パーツくらいはありそうなので、もう少し時間がかかりそうです)
自分の解体が終わると、しばらくものすごい勢いで片付いてゆく会場を眺めて過ごしました。沢山の人たちがひとつの目的で勢いよく動き、あっという間に片付いてゆく風景はとても不思議な感じがしました。

来た時と同様挨拶をし、美術館を離れ一人ホテルに向かいました。
チェックインを済ますと、ホッとしたのか急に空腹に気付きました。
なにはともあれ食事です、ビールです。
時刻は既に22時くらいで、普通のお店はほとんど開いていません。
とりあえず適当な店を探し、ホテルの裏手の歓楽街をふらふらすることにしました。
道々怪しいお店の人に「おっぱい、おっぱい、どお?」とか「かわいい子沢山いるよ」とか「5千円、5千円ぽっきりですよ」とか声を掛けられ、そのたびに「いや、いい。」とか「いらない、、、、」とか答えるのにもつかれ、結局ホテルのすぐ裏手の居酒屋に入ることにしました。
何杯かのビールと食事をすまし、ホテルに戻るとあっという間にその日は寝てしまいました。

b0170419_145582.jpg

最終日のようす
b0170419_146178.jpg

奥が小笠原作品、手前が橋本さんの作品 
b0170419_1472954.jpg

解体したパーツ(重いです)
b0170419_1482228.jpg

とりあえず並べた
[PR]

by studio-stick | 2010-05-23 14:14 | お出かけStick
2010年 05月 12日

金沢紀行6日目

9日
「最終日」
いよいよ今日で最後です。はっきり言って体力的な限界は越えていますが、
美術館の企画展示も見てないし、観光もしてないしというわけで、今日も朝から頑張りました。
まずは美術館を隅から隅まで見て回りました。恒久設置作品、いくつかの企画展示、気持ちの良い空間で良い展覧会があるって素晴らしいですね。
と良い気分のまま今度はすぐ横にある兼六園へ行きました。以前にも一度行ったことがあるのですが、日本庭園もここまでの規模とクオリティーがあると本当にすごいです。
その後は市内を散歩しつつ、夕方に駅付近で疲れた足を引きずりつつ土産物を買いました。
満足する程観光が出来たわけではありませんが、1日の割にはがんばったのでは?と思えるくらい歩きました。
17時くらいに帰宅の為に空港に向かい、飛行機で東京へ帰って来ました。
長かったような、短かったような、でも無事展覧会はスタートです。
みなさん遠いと思いますが、よろしくお願いします。


b0170419_19201493.jpg

上から見られていますよ。アホな姿。
b0170419_19211199.jpg

ほら、みんな見るんだよ。
b0170419_192158100.jpg

計ってますね
b0170419_19224567.jpg

美術館のすぐ横が兼六園です。
b0170419_19244995.jpg

凄い木です
b0170419_1926618.jpg

城ですね
b0170419_1927771.jpg

神社ですね
b0170419_1928838.jpg

話しかけたら面倒くさそうだったネコさん
b0170419_19293894.jpg

ほんとにきれいな町でした。
[PR]

by studio-stick | 2010-05-12 19:30 | お出かけStick
2010年 05月 08日

金沢紀行5日目

5月8日

「展覧会スタート」
b0170419_18575244.jpg

とりあえずホテルの朝食うまい


いよいよ展覧会初日です。
朝一番で第1会場のリファーレでオープニングセレモニー(テープカットとか市長さんのお話とか、、)があり、小笠原の予想以上の人の多さにびっくり。
b0170419_1859433.jpg

ぞくぞく集まって来た人たち
b0170419_190338.jpg

テープカットですね

新聞社などのメディアも沢山来ており、大盛況な感じでした。
そうそう、じつは小笠原は、このとき初めて作品を選出してくれた、金子賢治氏にお会いすることも出来ました。(この日までメールと電話だけでした)
昼からは、会場を21世紀美術館に移し、「工芸的ネットワーキング」というテーマでシンポジウムが行われました。
パネリストに、チャン チュンユン氏・伊藤 順二氏・金子 賢治氏・大樋 年雄氏、モデレーターに秋元 雄史氏というメンバーで、興味深い話を沢山聞けるとても良い機会になりました。工芸、クラフト、CRAFTこの同じようで同じではない、しかもどれもとっても曖昧、、これが今後どのようになってゆくのか、楽しみですし、色々と考えなければいけなそうです。
シンポジウムの後はパーティーです。
b0170419_1905024.jpg

パ—ティーのようす
たくさんの方とお話が出来、とても楽しい時間でした。
なぜか、元サッカー選手の中田さんもいました。
[PR]

by studio-stick | 2010-05-08 19:01 | お出かけStick
2010年 05月 07日

金沢紀行4日目

7日
「設置4日目」
昨日で第1会場のリファーレの設置作業を終了し、今日は21世紀美術館に作品設置です。
この美術館には以前一度来ていたのですが、あの時は2回目に作品設置に来るとは
思ってもみませんでした。
行ったことがある方も沢山いると思いますが、とっても素敵な美術館です。
最近、設計をしたSANAAが建築界のノーベル賞といわれる、
ブリツカー賞を受賞したニュースもありましたね。(まあようするに素敵なのです)
b0170419_18283970.jpg


設置はものすごくスムーズに進み、無事2つの会場の設置を終えることが出来ました。
b0170419_18292478.jpg


b0170419_1830852.jpg

会場設置風景
b0170419_18302652.jpg

伊東順二さんのキュレーションするブース
b0170419_18304848.jpg

板橋さんの作品


この日は森重も来る予定になっていたので、夜ホテルに戻った後ビールを飲みつつ時間をつぶし、
小笠原、塩谷くん、阿形くん、森重の4人で食事(居酒屋)に行きました。
森重と塩谷くんが同じ小学校と中学校ということが判明し盛り上がっていましたよ。

b0170419_18364385.jpg

料理が来る前にビールがなくなりそう
[PR]

by studio-stick | 2010-05-07 18:38 | お出かけStick
2010年 05月 06日

金沢紀行3日目

5月6日
「設置3日目」
昨日は思わぬアクシデントで作業が思ったように進まなかったものの、
何とか基本は出来上がっていたので、昼過ぎには組み立て作業を終了することができました。

b0170419_1810417.jpg


b0170419_18105371.jpg


この日から、学生時代の同級生で今回一緒に出品させて頂くことになっている友人作家の塩谷良太くんも現地入りをしました。

b0170419_18114230.jpg

作品設置中の塩谷くん

b0170419_18125039.jpg

設置の終わった塩谷君の作品

夜には久しぶりにお話をしながら食事
(居酒屋ですが美味しかった)をし、何だかとても良い1日でした。
[PR]

by studio-stick | 2010-05-06 18:13 | お出かけStick
2010年 05月 05日

金沢紀行2日目

5月5日
「設置2日目」
b0170419_17475961.jpg

昨日予想以上の進行具合だったので、昼には1作品が終わり、午後から2作品目に突入です。
こちらもなかなかの良いペースだったのですが、初めて1時間半くらい経ったところで、
アクシデント発生です。
作品の角度を直そうと少し動かしたところ、作品の一部(結構重要な部分)が
折れてしまいました。、、、、、たいへん、、、、、
嫌な汗をかきつつ修理に追われ、この日の作業は予定より進まず、
疲労感ばかりの大きい残念な結果に終わってしまいました。
(もちろん何とか翌日の為に修理はちゃんとしましたが)
その後は昨日に続き、お食事会です。
市の方、作家の方、アシスタントの方の他に、この日も昨日のすごいお二人がいらっしゃり、
とても楽しい会になりました。
すごい方が面白い方になるのか、面白い方がすごい方になるのか、、どっちなんでしょうね?
とにかく話が面白くて興味深いんです。
まあ、おかげさまで楽しく美味しくビールが飲めたので明日も頑張れそうです。

b0170419_17491568.jpg

小笠原と同じ金子賢治さんによる選出作家の橋本真之さんの作品
かっこいいです

b0170419_17493663.jpg

リファーレ会場はビニールハウスで各キュレーターごとにブース分けされています。
[PR]

by studio-stick | 2010-05-05 16:41 | お出かけStick
2010年 05月 04日

金沢紀行

本当に久々のブログです。
今回は、小笠原が第1回 金沢世界工芸トリエンナーレに作品を出品させて頂けることになり、
その関係で(主に作品設置)金沢に滞在することになったので、
その様子をお伝えしたいと思います。
b0170419_16283970.jpg


5月4日
「金沢へ」
朝アシスタントをしてくれるアガタくんと羽田で待ち合わせをし、
飛行機に乗って小松空港を目指します。
(今回は金沢市が旅費を出してくれるということなので、調子に乗って飛行機です。)
飛行機に乗り込み、本をぺらぺらとめくっていると、あっという間に着陸、、、
さすが飛行機です。
速いです。
タイミングよくバスがあったので、空港からバスに乗り金沢を目指しました。
金沢の到着を見計らったかのようにトリエンナーレ事務局の方から電話があり、
早速第1会場のリファーレに向かいました。

今回の展覧会に関わる沢山の方とはメールではやり取りをしていたものの、
お会いするのは初めてだったので、まずはご挨拶です。

その後、作品の運び込みの関係で、15時くらいから作業が可能になるとのことだったので、
とりあえず昼食をとることに。
(ちなみに金沢カレーという重たいカレーを食べました。)
当初の予定では、この日は、作品のパーツの運び込みを確認し、
梱包を外して終了だったのですが、予想より時間があったので、
早速組み立て作業の開始をしました。18時30分くらいまで作業をしたところ、
なんとほぼ1作品の組み立てができるという結果になりました。

あまりの良いペースに気分を良くし、金沢市の方に誘われるまま食事に行くことになりました。
我々が宿泊するホテルのすぐ近くのお店で、魚介をはじめ料理がとても美味しく、
肉体労働(?)の後ということもありビールのうまいことといったら、、、最高です。
8人くらいでの食事会だったのですが、同席した方には、作家や金沢市の方をはじめ、
今回のキュレーターの秋元雄史さん(すごい経歴の人。ちなみに現在21世紀美術館館長)
や伊東順二さん(すごい経歴の人。ちなみに現在は富山大学教授とか)もいらっしゃり、
とても楽しいお話を聞けてとても楽しいお食事会でした。
[PR]

by studio-stick | 2010-05-04 16:34 | お出かけStick